[PR]

 山形県の庄内を訪ね、その足で土門拳記念館に寄ったのは去年の夏。遠くに望む鳥海山に八月の雲がわいていた。

 「リアリズムの鬼」と呼ばれた写真家の名高いドキュメント「筑豊のこどもたち」と「ヒロシマ」が期間展示されていた。胸に迫る一作一作を前に、土門の名前のことがふとよぎった。生前、よくペンネームと間違…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも