政治追った2作、映画祭熱く 「東京国際」独自性への一歩

有料記事

[PR]

 5日まで開かれた東京国際映画祭で、2本の問題作を上映し、映画祭の顔と言える「コンペティション」よりも熱く盛り上がった部門がある。日本のインディーズ(独立系)作品を紹介する「日本映画スプラッシュ」部門だ。

 今年、この部門に2本のドキュメンタリーが出品された。1本は、「A」の森達也監督が東京新聞の…

この記事は有料記事です。残り1244文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。