漱石の肉筆原稿、残したい デジタル化へ、東北大がネットで寄付募る

有料記事

[PR]

 紙の劣化で消えゆく文豪の肉筆を残したい。夏目漱石(1867~1916)の蔵書などから成る「漱石文庫」を所蔵する東北大学が、肉筆資料をデジタル化して保存するプロジェクトを始めた。費用はクラウドファンディング(CF)で広く募るという。

 漱石文庫は1944年、漱石の弟子で東北帝国大学(現・東北大学)の…

この記事は有料記事です。残り547文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント