[PR]

 2013年に「子どもの貧困対策法」が成立し、子どもの貧困が広く知られるようになった。子ども食堂も、それと歩調を合わせるように広がってきた。

 いま国内の子どもの7人に1人が、地域や社会で普通とされる生活を送れない「相対的貧困」にある。中でも失業率が高く、1人当たりの県民所得が全国最下位の沖縄県が深…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら