[PR]

 ■喪失にすら気づかぬ現代

 大嘗祭(だいじょうさい)を問う集会に参加した。札幌でぼんやりと学生生活を送っていた1990年の晩秋のこと。講師は思想史家の藤田省三氏。痩せぎすで気難しそうなその人が、「今の時代、何に気が滅入(めい)るかで、人としての値打ちが違ってくる」と語った言葉が記憶に残った。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも