[PR]

 887(仁和3)年に起きた「仁和地震」は、南海トラフの西側と東側の震源域で同時に起きた巨大地震だった、と産業技術総合研究所などの研究チームが18日、発表した。静岡県磐田市で見つかった津波堆積(たいせき)物の分析と、文献の記述から、年代を推定した。

 産総研地質調査総合センターの藤原治・副研究部門長…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも