十二国記、18年越しの熱狂 小野不由美さん、新作長編計250万部

有料会員記事

[PR]

 異世界を舞台に、王朝の繁栄と没落を描く小野不由美さんのファンタジー小説「十二国記」が、異例の売れゆきを見せている。今秋、18年ぶりとなるシリーズの新作長編『白銀(しろがね)の墟(おか) 玄(くろ)の月』(全4巻、新潮文庫)が出ると、発売日にはファンが書店に列をなし、発行部数はすでに計250万部を超…

この記事は有料会員記事です。残り1542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら