[PR]

 20日の参院本会議と衆院内閣委員会は、国の予算で開く「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元有権者が多数参加した問題をめぐり、野党が首相らへの追及を強めた。首相は違法性を重ねて否定したが、参加者の推薦をめぐり「意見を言うこともあった」と認めた。前日の夕食会や関連文書の廃棄も野党は問題視した。▼1面参照

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも