[PR]

 政府・与党は20日、憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案について、今国会での成立を見送る方向で調整に入った。衆院憲法審査会での採決に応じるよう野党と協議を重ねたが折り合わず、与党と一部野党による採決強行も今後の合意形成を図るうえで得策ではないと判断した。

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも