[PR]

 農林水産省は20日、2020年産の主食用米の需要に見合った生産量を、708万~717万トンとする指針を決めた。昨年の指針(718万~726万トン)よりも約10万トン少ない。人口減などによる米需要の減少を踏まえた。政府が都道府県に生産量を割り振る「減反政策」は廃止しており、転作補助金や備蓄米を買い入…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも