[PR]

 ■ゆで卵とすり身、一体感極上なり

 まるで初日の出のような断面の蒲鉾(かまぼこ)は、高知の正月の必需品「大丸」。3個のゆで卵を縦に並べ、魚のすり身で巻き蒸したもので、保存の間に卵の白身に蒲鉾のうまみが染み込み、極上の一体感が生まれます。各社でも製造する定番品の一つです。

 皿鉢(さわち)料理とと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも