[PR]

 彫刻家で詩人の高村光太郎(1883~1956)が、岩手県花巻市の山荘で蟄居(ちっきょ)していた約70年前にファンの中学生に返信したはがきが、同市の高村光太郎記念館に寄贈された。当時は戦争を賛美した自責の念から彫刻を封印していたとされ、創作への思いが記された貴重な資料という。

 「おてがみが こん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも