[PR]

 二十世紀を代表する作家フランツ・カフカは、四十年という短い生涯で『審判』『城』『失踪者(アメリカ)』の三つの長編小説を遺(のこ)した。いずれも未完成であり、なおかつ生前には出版されることがなかった。この作品は「もしもカフカの4番めの長編が存在していたら?」という架空の設定のもと、以前からカフカを題…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも