[PR]

 恋の邪魔者を懲らしめたいと思うのは世の常。くすっと笑わせて庶民感覚を満たしつつ、人間の奥深さを照らすドニゼッティの「ドン・パスクワーレ」。再演を重ねてきたステファノ・ヴィツィオーリの演出は19世紀ローマのブルジョアの暮らしを伝えるもの。小気味よくて気品がある。演奏はC・ロヴァーリス指揮の東京フィル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも