税制改正へ、与党税調本格化

有料会員記事

[PR]

 自民党公明党は21日、来年度の税制改正のとりまとめに向けた議論を本格的に始めた。大企業によるベンチャー企業へのM&A(企業合併・買収)を促す優遇策や、未婚のひとり親の不公平をなくす支援などが焦点。12月12日の与党税制改正大綱の決定をめざす。

 ■「大企業優遇」反発 ベンチャーに投資の企業控除…

この記事は有料会員記事です。残り1016文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら