[PR]

 米中両政府がめざす通商協議の「第1段階の合意」の先行きに不透明感が高まっている。双方が12月15日に予定する追加関税「第4弾」の残り分の発動が近づくなか、香港の人権問題が急浮上。合意文書がまとまらないまま、協議の停滞が長引く懸念も出始めた。

 トランプ大統領は20日、訪問先の米アップルの工場で「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも