[PR]

 豪華さを競うお重詰めから、各家庭でアレンジできる「小分け」へ――。年末に向けおせち商戦が本格化するなか、脱「重箱」の商品が存在感を増している。すべて手作りするのは無理だけど、お重詰めを取り寄せるだけでは味気ない。背景にはそんな消費者の志向がのぞく。(栗田優美)

 ■「1品100円」充実、アレンジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも