[PR]

 人は場所と共に生きていく。居場所があってこそ、生きられる。「四月の永(なが)い夢」の中川龍太郎監督によるこの新作は、そうした場所への慈しみと、それがいとも簡単に壊されていくことの悲しみを、静かに詠んだ作品だ。

 若くして両親を亡くし、長野で祖母の民宿を手伝っていた澪(松本穂香)。しかし祖母が入院し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも