[PR]

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は22日の記者会見で、憲法改正をテーマにした衆院解散・総選挙に否定的な考えを示した。

 国民投票法改正案の今国会成立が見送られる方向になったことについて、斉藤氏は「憲法改正は急がば回れ。憲法改正の議論を進めるためには、主な野党が合意して進むことが最も近道だ」と強調した。直前に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも