(ニュースQ3)景観・憩い・防災機能…都市農業いまや財産

有料会員記事

[PR]

 都市の農業が攻勢に転じている。国による街の農地の位置づけも、「宅地化すべき土地」から都市に「あるべきもの」へと変わった。住宅に囲まれた畑の一角からは、人口減少時代の日本が垣間見える。

 ■消費者見える距離

 「やる気のある農家にとって、やりやすい時代になった」。そう話す東京都練馬区の西貝伸生さん…

この記事は有料会員記事です。残り1182文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ニュースQ3

この連載の一覧を見る