台風災害ごみ、横浜で処理へ

有料会員記事

[PR]

 台風19号の豪雨・暴風被害による災害ごみの処理について、環境省は22日、宮城県丸森町のごみを、横浜市の焼却工場に鉄道で輸送を始めると発表した。

 対象は可燃ごみで、週100トンをめどに同市都筑区の焼却工場に搬入する。第1便は26日の予定で、実施期間は未定。小泉進次郎環境相は22日、会見で「(トラッ…

この記事は有料会員記事です。残り52文字有料会員になると続きをお読みいただけます。