[PR]

 第78期将棋名人戦・B級2組順位戦は11月13日に7回戦があり、元名人の丸山忠久九段が6勝0敗で単独首位に立っている。5勝1敗は、このクラス最年少の23歳近藤誠也六段=写真=と、横山泰明(ひろあき)七段、鈴木大介九段、大石直嗣(ただし)七段の4人。近藤には2年連続の昇級がかかる。

 五つのクラスの中で真ん中に位置するB級2組には今期、25人が参加。1人10局を戦い、上位2人がB級1組に昇級する。それぞれ抜け番があり、最終戦は11回戦となる。

 近藤は前期、C級1組で9勝1敗の成績を挙げ、昇級した。藤井聡太七段は今年度も含め、順位戦で通算25勝1敗だが、その1敗は近藤に敗れたものだ。

 近藤は今期、2連勝後に橋本崇載(たかのり)八段に敗れたが、その後は星を伸ばし、7回戦では村山慈明(やすあき)七段との1敗対決を制した。「全体的に粘り強く指せて、将棋の内容もまずまずだと思っている。先のことは考えず、一局一局集中して指せれば」。9回戦、10回戦の相手は同じ1敗の横山と鈴木で、勝負どころだ。

 8回戦は来月18日にある。(村瀬信也)

 <訂正して、おわびします>

 ▼24日付の「名人戦ニュース」の記事で、第78期将棋名人戦・B級2組順位戦8回戦の日程が「今月18日」とあるのは、「来月18日」の誤りでした。