[PR]

 「現在と将来の世代が、ここで起きた出来事を忘れるようなことがあってはなりません」。二つの被爆地を相次いで訪れたフランシスコ教皇。雨の長崎で、夕闇の広島で、被爆者の痛みを記憶に刻み、平和に向けて連帯して行動するよう世界に訴えた。▼1面参照

 「この町は、核兵器が悲劇的な結末をもたらすことの証人です…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも