[PR]

 日本の探査機「はやぶさ2」が約1年半の探査を終え、約2億5千万キロ離れた小惑星リュウグウから帰還の途についた。2回の着陸に成功するなど「前人未到」の成果をあげた。採取したとみられる砂や石は、来年末に地球に届く。

 最後の任務は、いびつな形の小惑星の重力を調べるため、小型ロボをリュウグウを回る軌道…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも