(ひらく 日本の大学)定員管理、大学の6割「緩和を」 朝日新聞・河合塾共同調査

有料記事

[PR]

 文部科学省が大学の学部・学科ごとに学生定員を決めている大学設置基準について、3分の2近い学長が緩和や撤廃を望んでいることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」でわかった。社会の変化に合わせた柔軟な対応が必要だと考える大学が多い。一方、文科省の地方振興などを目的とした政策に対しては、立…

この記事は有料記事です。残り1588文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント