[PR]

 被爆地の長崎と広島を24日に訪れたローマ教皇が、演説で否定した核抑止力について、菅義偉官房長官は25日の記者会見で、「核抑止力を含めた抑止が、我が国の安全保障を確保していく上での基礎であることに変わりはない」と述べた。

 教皇が米国の核の傘に入る日本を暗に批判したのに対し、日本政府として従来の方針…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも