(憲法を考える)政治の領域、踏み込まない司法 安保法違憲訴訟、東京地裁は憲法判断せず棄却

有料会員記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法憲法に違反するかが争われた訴訟の判決で、東京地裁は、憲法判断をせずに原告の請求を棄却した。=11月8日付朝刊から

 ■国民の懸念よそに「権利の侵害ない」

 安保法は2015年に成立した。それまでの憲法解釈を変え、集…

この記事は有料会員記事です。残り3429文字有料会員になると続きをお読みいただけます。