[PR]

 絵画の習作や下絵として描かれることが多い素描には、それ自体にも魅力がある。画家が対象と向き合ったときのみずみずしい感情が、素早く描かれた線や陰影からにじみ出てくるからだ。

 日本画家の杉山寧(やすし)がこの如来像を描いたのは30代のころ。1942年、結核療養中にもかかわらず、北京から西に約300キ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも