(文芸時評)翻訳文学の力 閉ざされた文化に架ける橋 小野正嗣

有料記事

[PR]

 今年で3回目となるヨーロッパ文芸フェスティバルが、11月初旬、東京にあるEU加盟国の文化施設を中心に開催された。

 僕はドイツ、チェコ、ベルギーイタリアポルトガルから来日した作家たちの参加するパネルディスカッションの司会を務めた。

ここから続き

 ベルリンの壁の崩壊から30年の節目の今年、議論の主題は「壁を…

この記事は有料記事です。残り1640文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!