[PR]

 民法の成人年齢引き下げに伴い、少年法の適用年齢も20歳未満から18歳未満に引き下げる法改正に向けた議論が、法制審議会(法相の諮問機関)で大詰めを迎えている。ところが、土壇場で少年院の元院長ら非行少年の立ち直りを支えてきた人たちから、相次いで反対の声が上がり始めた。

 (編集委員・大久保真紀、板橋洋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも