[PR]

 ■戦後の「明るさ」追求、再考の兆し

 『痴人の愛』『卍(まんじ)』『細雪』といった代表作の文庫本が並ぶ谷崎潤一郎記念館(兵庫県芦屋市)の入り口で、学芸員の永井敦子さん(47)は随筆『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』を手にとった。「谷崎の著作の中でもよく読まれ、建築家やデザイナーのバイブル的な存在に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら