訴訟記録の廃棄、見合わせを指示 最高裁

有料記事

[PR]

 史料価値の高いものも含め著名な民事訴訟の記録の多くを裁判所が廃棄していた問題で、最高裁が全国の裁判所に対し、保管中の訴訟記録の廃棄を当面見合わせるよう文書で指示したことが分かった。最高裁事務総局は「重要な民事裁判の記録を確実に保存するため、どのような実効性のある運用がありうるのか検討する」と説明し…

この記事は有料記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。