[PR]

 韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長は27日、元徴用工問題の打開に向けた「解決法案」を12月中に発議する考えを示した。日韓両国の企業や国民から寄付を募り、韓国大法院(最高裁)で勝訴判決を受けた原告らへの支払いに充てることを盛り込む。文氏と面談した市民団体が明らかにした。原告側は「受け入れられない」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも