[PR]

 衆院憲法審査会は28日、欧州視察を踏まえた今国会3回目の自由討議を行った。議論は憲法改正手続きを定める国民投票法改正案のあり方にも及んだ。自民党は改めて早期成立を要求したが、野党側はインターネット上の広告規制など抜本改革を主張し、立ち位置の違いが鮮明になった。

 国民投票法改正案は、テレビCM規…

この記事は有料会員記事です。残り753文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り753文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り753文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも