戦後日本に多くの足跡を残した中曽根康弘元首相が29日、死去した。国鉄民営化などの「小さな政府」路線や日米関係の強化、憲法改正論議など、その取り組みは現在の政治や社会にも大きな影響を与えている。▼1面参照

 中曽根氏は、事実上の政界引退を表明した2003年10月の記者会見で、議員生活で最大の決断は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも