半世紀以上にわたって戦後政治に携わってきた中曽根康弘元首相が101歳で死去した。憲法改正を悲願に掲げ、靖国神社の公式参拝や国鉄民営化では強い反発も受けた。一方で「庶民派」と評される一面も。その足跡に触れた人は、どう受け止めたのか。▼1面参照

 「絶対に偉ぶらない。汗をかいて庭を整備したり、お孫さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも