[PR]

 将棋の第69期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ(王将リーグ)は、広瀬章人竜王(32)が最終戦で藤井聡太七段(17)との直接対決を制して渡辺明王将(35)への挑戦権を獲得した。秒読みの中、藤井七段が最も得意とする最終盤でミスを犯して決着するという劇的な幕切れだった…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも