[PR]

 週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、NPO法人「言論エヌピーオー」と代表理事が計7700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(小川理津子裁判長)は2日、内容の一部について名誉毀損(きそん)の成立を認め、発行元の文芸春秋(東京)に110万円を支払うよう命じた。

 問題となったのは、20…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも