デブリ取り出し、2号機から 福島第一、21年内に 国・東電が廃炉工程改訂案

有料会員記事

[PR]

 国と東京電力は2日、福島第一原発廃炉工程表の改訂案をまとめ、事故で溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しを2021年内に2号機から始める方針を示した。ただ、まず試験的に数グラム程度を取り出すだけで、取り出しを終える時期や、1、3号機の開始時期は示していない。廃炉完了まで「30~40年」とする工…

この記事は有料会員記事です。残り598文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら