[PR]

 「秋草文壺(あきくさもんつぼ)」と聞けば、陶芸に詳しい人なら、1942年に川崎市の南加瀬から出土した「国宝 秋草文壺」を思い浮かべることだろう。すすきなどの秋草が表現され、オリーブ色の自然釉(ゆう)が美しい同作は、愛知県渥美半島で焼かれた渥美焼の最高傑作とされる。

 だが、本作は同じ名前で同じ秋草…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも