[PR]

 (1)村田沙耶香著『コンビニ人間』(文芸春秋、2016年刊) ロボットの極北はロボットの人間化であるAI。人間の極北は粛々と歯車化する人間のロボット化=「コンビニ人間」。「私はいろんなことがどうでもいいんです」と、「世界の歯車」になりきり「正常」と「普通」を担保しようとするコンビニ店員古倉恵子。不…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも