文科前統括官、有罪 東京地裁「官僚の自覚欠いた」 接待汚職

有料記事

[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐり接待を受けたとして、収賄罪に問われた文部科学省前国際統括官・川端和明被告(58)の判決公判が4日、東京地裁であった。西野吾一裁判長は「幹部官僚の自覚を著しく欠き、職務の公正さへの国民の信頼を大きく損なった」として、懲役1年6カ月執行猶予3年、追徴金約1…

この記事は有料記事です。残り683文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。