教員の変形労働制、導入へ 残業分、夏休みに取得 改正給特法成立

有料記事

[PR]

 忙しい時期に労働時間を延ばす代わりに、夏休みに休日をまとめ取りする――。そんな「変形労働時間制」を盛り込んだ教職員給与特措法(給特法)の改正法が4日、参院本会議で与党などの賛成多数で成立した。教員の残業の上限を「月45時間、年360時間」以内とする文部科学省のガイドラインを法律に格上げし、順守を求…

この記事は有料記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!