[PR]

 サッカーの東京五輪代表の国内初となる試合は、二つの被爆地を舞台に組まれた。11月に広島、12月には長崎だ。そのことに人一倍の思いを抱くのが、日本代表と東京五輪の監督を兼ねる森保一さん。父が被爆の記憶を持つことから「被爆2世」を自覚する。五輪で世界に発信したいと願う平和への思いは、どう培われたのか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも