[PR]

 神戸市立神戸アイセンター病院と理化学研究所などのチームが9日、様々な細胞になれるiPS細胞からつくった「視細胞」を、失明のおそれがある目の難病の患者に移植する臨床研究について、大阪大の委員会に申請したと発表した。来年度中に1例目の移植をめざす。

 研究の対象は、主に遺伝が原因で視細胞の性質が変わる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも