[PR]

 スペインで開催されている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)は11日、各国政府代表が温室効果ガス対策などについて演説した。日本は、各国から批判が相次いでいる石炭火力発電の抑制策を打ち出すことを環境省が模索したが、最終的に断念した。小泉進次郎環境相は「世界的な批判には気づいている」…

この記事は有料会員記事です。残り690文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも