[PR]

 辺野古の海に土砂が投入されて14日で1年。反対の民意が出ても、政府は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進める。国は年明けにも、軟弱地盤に伴う設計変更を県に申請し、辺野古を巡る両者の攻防は新しい局面に入る。▼1面参照

 ■県、民意の行方に危機感

 「県民が耐えている中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも