[PR]

 ■新年祝いに食べ、歴史を受け継ぐ

 風雅な名前は、きなこをまとった半円形の形が編み笠のようだから。しかし、中身ははんなりというより、ねばり。京都市の北、京北エリアの山里で今も正月に欠かせない、納豆もちのことです。

 関西人は納豆を好まないのでは?

 実は、およそ650年前の創建とされる京北の常照…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも