[PR]

 英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルとして活躍した吉田都が引退した。8月、最後の公演に臨み、その存在の大きさを見せつけた。歌劇「蝶々夫人」を元にしたKバレエカンパニーの「マダム・バタフライ」は、表現領域をオペラにも広げようとする熊川哲也の入魂の舞台になった。勅使川原三郎が東京バレエ団に振り付けた「雲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも