[PR]

 手の中のスマートフォンで、匿名のまま広大な情報空間を旅できる。そんな時代だからこそ、生身の俳優を通して、名前を持つ個々の人々の物語に観客が向き合う演劇の可能性は逆に増している。「体験」の実感をもたらす数々の舞台が今年も生まれた。

 野田秀樹の「Q」は“生き延びたロミオとジュリエット”の後日譚(たん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも